東京都国分寺市のアットホームな幼稚園

学校法人 渡邊学園 白鳥幼稚園

園長あいさつ

皆さんは我が子が生まれたとき、出会えた喜びで胸がいっぱいになり、健康で、しっかり生きてくれる事を、一番に願ったことと思います。ひとりひとりを一本の樹に例えるなら、子どもたちは今芽が出たところ、これからたくさんの枝をつけ、葉を茂らせ、空に向かって大きく伸びていくところです。そのためには、大地にしっかりと根をはらなければなりません。そして幼児期は、人としての土台、根っこの部分が育つ大切な時期です。世の中は情報と物があふれ、その量の増え方はこれからどんどん加速していくでしょう。子どもたちは、そんな世の中で必要なことを選びとりながら、自分で考え、判断し、行動する力、創造する力を身につけていかなければなりません。そして多くの人と関わりながら、思いやる心、共に生きる気持ちを育てていかなければなりません。生活の場を整えすぎず、与えすぎず、知識や技術をつめこむのではなく、今、この時期にしかできない経験から得るものを大切にしながら、子どもたちが生きていく力の根っこの部分を養えるよう、ひとりひとりの育ちを助け、見守り、支えていきたいと思っています。園長:福羅 和子