東京都国分寺市のアットホームな幼稚園

学校法人 渡邊学園 白鳥幼稚園

保護者の声

  • 保護者の声2014
  • ・自然体でのびのびさせてくれること、自主性を大切にしてくれる。

    ・園児一人ひとりに目が行き届いている

    ・季節を感じながら手をつなぎ歩く地区登園

    ・どこまでもどこまでも掘り返していい園庭

    ・幼稚園と、地区の二つで違う方向から子どもたちを見守っているところ

    ・こどもの意見で遊びが発展するところ

    ・こどもの気持ちを大切にしてくれる

    ・こども個人の想像力を褒め、伸ばしてくれる教育

    ・問題が起きた時、子どもたち自身に考えさせ話し合わせ解決するように導いてくれる指導

    ・小さい子たちとたくさん交流することで、自覚を持たせ責任感を持たせてくれる

    ・どの先生も子どもだけでなく、父母の顔と名前が一致している

    ・クラスや地区の集まりの中で母たちもいろんな話をするうち仲良くなり、協力的になり楽しい時間を共有できる

    ・先輩のお母さん方にいろんなことを相談したり、アドバイスをもらえて一人で悩まず助けてもらえる

    ・母自身が体調を崩した時に幼稚園が「あずかっていましょうか?」と言ってくれたことがとても助かった

    ・地区登園を始めるとき「まだ幼稚園に慣れていない子がいるから。」と徐々に切り替えていたことに本当に感激した。うちの子一人のために全体が待ってくれていたことに感謝でいっぱいだった

    ・出産する時期が入園と重なったとき「無理しなくていいですよ」と入園の時期を待ってくれた。それぞれの都合、気持ちに合わせてくれる、大切にしてくれる園の雰囲気が素晴らしい

    ・地区ごとに活動する機会があるので(=近所)地域密着型で結束があり小学校に行っても安心できる

    ・細かいことまで連絡してくれるので親からの信頼関係を築きやすい。親が先生を信頼できるので安心感がありこどもも先生を信頼し安心することができる。こどもと先生の心の距離が近い。

    ・先生方は毎日忙しいのにもかかわらず子どもについての相談に時間をさいてくれる

    ・園の雰囲気がとてもいいので転入、途中入園してもなじみやすい。

    ・それが行事であっても子どもたちの自発性を大切にしてくれ無理させることなく待っていてくれる。やりたいという気持ちになるまで待ってくれる

    ・お泊り遠足前の説明会で「たとえ体調が悪かったとしてもダメかな・・と判断せずまずは連絡をください。何とか参加できる方法を一緒に考えましょう、こどもたち全員が楽しみにしていることですから」と親をも安心させてくれて、子どもの気持ちに本当に重きを置いてくれる。

    ・入園直後に下の子が産まれた。「春の家庭本問の日程を変更しましょうか」と声をかけてくれた。私が「大丈夫です」と言って実施してもらったときに「赤ちゃん返りなどは見られませんが、何か不安そうにしていたり、変化があったらそんな時期と思ってずっと抱っこしていますね」と言っていただいた。生まれたばかりの下の子に手がかかり入園したばかりの上の子をもっと見てあげなくちゃと焦っていた私は本当に救われた思いだった。白鳥にしてよかったお思った一番最初の思い出です。

    ・園長先生自らが保育の現場に入り、こども一人ひとりを把握してくれている。対外的なことよりもこどもそのものに接してくれる姿勢は白鳥ならではだと思う。そしてこれが白鳥の園全体にある温かい気持ち、雰囲気に通じていく。こどもは敏感にそれを感じ取り受け継いでいくのだと思う。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11